リア亭(リアル底辺の日々)
ニコマスでも人生でもリアルに底辺なあるPの日々 時々リアルに大ピンチ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機械による音楽の想像


メマイがひどいのでマッタリモード。でもニコ動はみる。ダメな俺w
立てないほどではないので安静になおかつ変な曲聴いてなければ大丈夫だと思う?

そんなかこんなのを見つけた。
やっぱりYMOってすごいんだな。

機械が作る音楽。ということだけど
よくよく考えてみるとニコマスって音楽を引き立てる機械なのかな?
などと思ったり。

10人、10数曲の振り付けとそのカメラワークによって無数の曲にあわせて
現状もムービーが作成されていくという。

テクノポップブームからアイドルブームへとのことだけど

そういう意味ではこのジャンルは二つの要素を併せ持つものなのかもしれない。
まぁ実際どうなのかはわからんけどw

数年後PCによる音楽とムービーの融合、自分で作る新たな音楽シーン!
などとこの手のが極普通のことになってるのかもしれませんな。

別段シンガーもダンサーも否定しているわけではない。

時代がいかに変わろうとも歌うことをやめないられないし
踊ることもとめることはできない。逆に歌で伝えていかなければならないこともあるだろう。

誰だか忘れたがあるシンガーが

歌で世界を変えられる時代は終わった。歌で世界は変えられない

などといってたようだが、大きな勘違いをしている。
歌は世界を変えられるわけじゃなくて、歌は人を変え
その人たちが世界を変えていくのだって。

いやな事から逃げるでも向き合うでも歌は力にならないけど支えにはなるでしょう。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
どちらかと言えば、歌、音楽で人は変わり、そして今更旧来の歌、音楽で変わらない事に
気が付かない連中も残っていると言うことだろう。
変えようと思えば、変えられる者は多い。
ただ、変えるべき手段が変わっている事に気がつかないだけなんだと。

等と、リアルタイムバリバリにYMOどたぷんもといどっぷりだった私。

でも、何で、ガーションキングスレイや、マーティンデニーが取り上げられていないのかと。
不満タラタラだったりする私。
2008/05/15(木) 12:36:26 | URL | by慎悟P (#-) [ 編集]
この動画事態国内のテクノシーンの簡単なオサライみたいなものだから
YMOとその周辺みたいなので無難にまとめたものなんでしょうね・・・

時代とともに音も変わってくし表現も変わってくる。
音と思いがしっかりかみ合わないとその中のメッセージが見えてこないんですよね・・・
そういえば、現状の音楽シーン的には何がブームなんだろう?
最近の曲ほとんど聴いてないような気がするw
2008/05/15(木) 22:45:12 | URL | byGWP (#-) [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/05/15(木) 22:51:05 | | by (#) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。